So-net無料ブログ作成

不可解な旅…土讃線坪尻駅で盗難のスタンプ青森に(読売新聞)

 車では行けない「秘境の駅」として鉄道ファンに人気のJR土讃線・坪尻駅(徳島県三好市池田町)に設置されていた記念スタンプが今年2月頃に盗まれ、約975キロ離れた青森市内のJR津軽線・中沢駅で見つかったことが24日、わかった。

 本州北端の青森での発見に「見つかったのはうれしいが、なぜ青森にあったのだろう」と関係者は驚いた様子で話した。

 中沢駅は無人駅で、同駅を管理するJR蟹田駅によると22日に駅員が巡回した際、パンフレット入れの中にスタンプがあるのを見つけた。スタンプに刻まれている駅名を見て、翌23日に坪尻駅を管理する阿波池田駅に連絡を入れたという。

 スタンプは、地元住民でつくるボランティアグループ「おおぞら会」(川人敏之会長)が2008年に製作。待合室にチェーンでつないで置いていたが、引きちぎられて盗まれ、阿波池田駅が三好署に被害届を提出していた。

 川人会長は「青森で見つかったことにびっくりしている。だが、スタンプの長距離旅行はいただけない」と話していた。

<朝鮮人遺骨>大戦中徴用の267体を確認 曹洞宗が調査(毎日新聞)
外国人参政権 報道、危機感乏しく(産経新聞)
きん枝、堀内さんに負けへん!熱烈虎党 政界GT戦や〜…出馬会見(スポーツ報知)
<口蹄疫>1週間さかのぼり調査へ 農水省(毎日新聞)
川崎汽船のタンカー被弾=インド洋で海賊襲撃−国交省(時事通信)

殺人 長男が家族5人刺す 父親と乳児死亡 愛知・豊川(毎日新聞)

 17日午前2時15分ごろ、愛知県豊川市伊奈町前山、会社員、岩瀬一美さん(58)方1階で、岩瀬さんが首などを刺され、死亡しているのが見つかった。岩瀬さん宅は火災になり、孫の金丸友美ちゃん(1)の遺体が見つかった。ほかに家族3人が刺され、けがをした。県警豊川署は、長男の無職、高之容疑者(30)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。同署は殺人容疑に切り替えて調べる。

 同署によると、高之容疑者は「家族を刺し、火を付けた」と認めているという。岩瀬さんがインターネットの契約を解約したことに腹を立て、台所にあった包丁で刺し、2階の布団に火を付けたという。

 近所の人から「刺された女性が助けを求めてきた」と110番があった。同署員が駆け付けると、岩瀬さん宅2階が火災となっており、1階で岩瀬さんが倒れていた。室内で妻正子さん(58)と三男文彦さん(22)、文彦さんの内縁の妻、金丸有香さん(27)が刺され、けがをしていた。

 岩瀬さん宅は7人家族で、事件当時、次男は外出し留守だった。【丸林康樹】

【関連ニュース】
愛知3遺体遺棄:逮捕の3容疑者「被害者宅で殺害」と供述
宮崎・家族3人殺害:容疑者を追送検 /宮崎
児童虐待:防止法10年 止まらぬ虐待、帰らぬ笑顔 背景に孤立、経済的困窮
宮崎家族3人殺害:奥本容疑者 妻と義母殺害容疑で再逮捕
出版:「家族のきずなとは」 尊属殺人テーマに 小説「閃夏」佐藤さん執筆 /三重

群馬の1100万年前地層で発見 化石は新種のヒゲクジラ類(産経新聞)
普天間移設で抗議集会=鹿児島(時事通信)
仙谷戦略相に苦言=増税争点の解散発言で−大塚内閣府副大臣(時事通信)
<中大教授殺害>検察側、心神耗弱争わず 整理手続きで方針(毎日新聞)
雑記帳 24金製サッカーボール…公式球と同じ大きさ!(毎日新聞)

倉庫から米3660キロ盗む=容疑の無職男を逮捕−岡山県警(時事通信)

 岡山県勝央町の倉庫から米3660キロを盗んだとして、県警美作署などは19日、窃盗などの疑いで、同県津山市三浦、無職前田正一容疑者(26)を逮捕した。
 同署によると、前田容疑者は容疑を認め、「遊ぶ金が欲しかった。ほかにも1、2件やった」と供述。津山市内でも1件、同様の被害が確認されており関連を調べる。
 逮捕容疑は先月5日未明、農業を営む男性(55)が所有する勝央町の農業倉庫に侵入し、倉庫内にあったフォークリフトを運転して、1袋30キロ入りの玄米122袋(91万5000円相当)などを盗んだ疑い。 

【関連ニュース】
元郵便局員の女を追送検=「管理ずさん」と供述
タクシー無賃乗車、売上金盗む=容疑で男子高生ら3人逮捕
警備員お手柄、東京→横浜尾行=窃盗容疑で手配の男逮捕
すり未遂容疑で文科省職員逮捕=電車内、「2、3回やった」
上田容疑者、8回目の逮捕=連続不審死、詐欺容疑

山形新幹線、人身事故で運転見合わせ(読売新聞)
渋谷の新しい顔は「ヒカリエ」(産経新聞)
<火山噴火>噴煙拡大、鮮明に 日本の衛星が観測(毎日新聞)
<浅間山>警戒レベル1(平常)に 気象庁(毎日新聞)
インフル、B型など季節性の割合が増加(医療介護CBニュース)

<海洋土木業者>政治団体が公益法人と一体化か 会計を兼務(毎日新聞)

 海洋土木専門の建設業者で作る政治団体「さんそう会」が、95年まで国土交通省所管の社団法人「日本埋立浚渫(しゅんせつ)協会」内に事務所を置き、両団体峻別(しゅんべつ)のため事務所を同年に移転しながら、その後も02年まで協会幹部が政治団体の会計責任者を実質的に務めていたことが分かった。さらにさんそう会は08年の「政治資金パーティー」で招いた講師に「協会の理事会社で構成する団体」と自己紹介。公益法人である浚渫協会と、政治団体のさんそう会が一体化している疑いが浮かんだ。

 公益法人と政治団体の一体化を巡っては(1)政治団体が特定議員に献金(2)議員は省庁の受発注などに影響力を行使(3)省庁幹部は公益法人に天下り−−という「政官業」癒着の温床と指摘され、国は両者の峻別を求めて度々通達を出している。

 さんそう会を巡っては、会議室での数十人の会合を「政治資金パーティー」として開き、加盟各社から06〜08年に約4000万円集め、自民党旧二階派や旧運輸省(現国交省)OBの同党議員らに献金していることが判明している。さらに浚渫協会が、国交省発注の防災コンサルタント事業(06〜08年度で約1億6700万円)を主に随意契約で受注し、同省OB3人を理事などで受け入れていることも新たに分かった。

 浚渫協会は61年の設立で「マリコン」と呼ばれる海洋土木専門の建設会社を中心に27社が加盟。大手8社社長らが理事を務める。関係者によると、71年に発足したさんそう会の事務所は東京都港区の協会事務所内に置かれた。95年には協会と峻別するため、さんそう会の所在地を協会とは無関係の会計責任者(旧運輸省OB)宅に移した。

 ところが、00年以降にさんそう会代表を務めた男性によると、この会計責任者は実務に関与せず、実際には協会の経理課長(別の旧運輸省OB)が会計を担っていた。こうした兼務は02年12月まで続き、この経理課長は同月に協会を退職後、正式にさんそう会の会計責任者になった。

 00年まで代表だった別の男性は「二つの団体(協会とさんそう会)は同じ」と証言。同会による政治献金について「港湾予算をつけてほしいから。運輸族の国会議員は(業界の)利益代表みたいなもの」と語った。

 さらに同会は08年、パーティーでの講演を依頼した写真家に「浚渫協会の理事会社により構成される組織です。年に4〜5回、理事会社より2名ずつ出席して講演を拝聴しております」と説明するメールを送っていた。

 浚渫協会の調査役は「協会の理事会社で構成する別組織(さんそう会)があることは認めざるをえないが、過去はどうあれ今は関係はない」と説明。さんそう会の会計責任者は「(02年に協会からさんそう会へ移ったのは)たまたまそうなっただけ。協会と(さんそう会)は関係ない」と述べた。【政治資金問題取材班】

【関連ニュース】
偽装献金:ずさん「首相マネー」 実母の12億円は闇
偽装献金:鳩山首相「責任感じる」 自民「使途の説明を」
偽装献金:首相元秘書、起訴内容認める 禁固2年を求刑
ダム工事:「小沢氏に業者逐一確認」高橋元秘書が初証言
脱税:「水谷建設」元会長を仮釈放 08年5月に収監

村本さん死亡「大変遺憾」=タイ騒乱、沈静化に努力を−鳩山首相(時事通信)
1億円の無償資金協力を政府決定 中国地震(産経新聞)
<みどり市長選>現職の石原氏が再選 群馬(毎日新聞)
両腕遺体は女性会社員=競艇場に流れ着く? −福岡県警(時事通信)
ホームオブハート訴訟で和解=セミナー参加者に支払い−東京地裁(時事通信)

寝屋川虐待 市と児相会見で「対応適切」繰り返す(産経新聞)

 大阪府寝屋川市で岸本瑠奈ちゃん(1)が両親に虐待され死亡したとして大阪府警が両親を傷害致死容疑で逮捕した事件で、市と府子ども家庭センターは9日、市立保健福祉センターで合同で会見。それぞれの責任者が「対応は適切だった」と繰り返した。

 昨年10月に瑠奈ちゃんにあざが見つかったことについて、寝屋川市の奥殿眞一保健福祉部長は「あざが小さくて薄いため、姉がたたいたという母親の説明を信じ、センターに報告する必要がないと判断した」と釈明。さらに「最善の努力をした。両親の虐待を疑ったことはなく、対応に問題はなかった」と強調した。

 府中央子ども家庭センターの神田眞知子所長も「市などと連携して適切に対応した」と説明した。

 同センターの担当者は産経新聞のこれまでの取材に「あざが虐待によるものだと判断できるのはまれで、瑠奈ちゃんは重篤と判断できなかった」と話していた。

【関連記事】
大阪の児童養護施設、保育士が2女児に性的虐待
児童の性的虐待、実父が最多…発見より難しく
大阪の2歳虐待死 子供の愛想笑いに怒りか
米夫婦が虐待 子供に抗鬱剤…死亡
「どう接したら…」 2乳児遺棄の母、長男を虐待か
「中国内陸部の資源事情とは…?」

振り込め詐欺被害防止に向け 埼玉県警が銀行で“抜き打ちテスト”(産経新聞)
<事故>側壁に激突、4人車外へ 全員助かる 熊本・高速道(毎日新聞)
参院改革協、定数是正は平成25年以降に持ち越し(産経新聞)
両陛下、田園地帯を散策=静岡(時事通信)
「平沼新党」来週にも、鳩山邦夫氏などと連携探る(読売新聞)

<北沢防衛相>自衛隊機を民間転用 検討会発足へ(毎日新聞)

 北沢俊美防衛相は30日、岐阜県各務原市で開かれた国産次期輸送機(CX)の試作機XC2の納入式でのあいさつで「防衛省が開発した航空機の民間転用を推進する」と述べ、XC2を含む一部自衛隊機の民間転用を進める考えを明らかにした。武器輸出を禁じた「武器輸出三原則」に抵触しない機種に限定する方針で、有識者を交えた省内の検討会を4月に発足させる。

 民間転用を目指しているのはXC2以外にも、既に運用している救難飛行艇US2、開発中の次期哨戒機XP1がある。US2は消防艇、XP1は旅客機などへの転用を想定。これらを「武器」に該当しないと判断することで、アジア諸国などへの輸出を見込む。【仙石恭、石山絵歩】

【関連ニュース】
東アジア戦略概観:駐留なき安全保障 防衛研が否定的見解
普天間移設:北沢防衛相、ヘリ引き受け先の県外分散を検討
普天間移設:「県外」組み合わせ提示 沖縄知事に防衛相
普天間移設:北沢防衛相、沖縄知事と意見交換へ
普天間:北沢防衛相 沖縄県知事に検討状況を直接説明

警視庁警部補を現行犯逮捕=電車内で痴漢の疑い−千葉(時事通信)
自民党 執行部、現体制で参院選…谷垣総裁(毎日新聞)
<枝野担当相>大型連休中の閣僚海外出張「必要最小限で」(毎日新聞)
自転車専用? 県庁前の歩道標識で二重のミス 新潟(産経新聞)
「雇用支援機構」入札白紙へ、すべて傘下落札で(読売新聞)

<羽田新駅火災>照明器具がショートし出火か(毎日新聞)

 東京都大田区羽田空港2の京急電鉄「国際ターミナル駅(仮称)」の新設工事現場が燃えた27日の火災は、工事用の照明器具がショートして出火した可能性があることが警視庁東京空港署の調べで分かった。

 同署と京急電鉄によると、出火したのは地上3階地下2階建ての駅ビルの1階。作業員が工事用の照明器具のスイッチを入れた直後に火花が散り、天井の断熱材に燃え移ったという。1階部分約390平方メートルを焼いた。滑走路は約2キロ離れており、飛行機の離着陸に影響はなかった。

【関連ニュース】
火災:建設中の新駅焼く 羽田空港
姫路爆発事故:支管3カ所で可燃性ガスを検知 現場検証で
火災:駐車場で車炎上…中に2人の焼死体 札幌の清掃工場
爆発:ごみ処理施設の建設現場で1人重体、4人重傷 姫路
火災:興人工場の倉庫から黒煙と炎 熊本県八代市

社民党、同意人事案に賛成の方針決める(産経新聞)
家族3人殺害、女に無期判決=責任能力認める−さいたま地裁(時事通信)
<変死>資材置き場に遺体 「殺された」親族が通報 北九州(毎日新聞)
大洋薬品に1年間の会員資格停止処分―日本ジェネリック製薬協会(医療介護CBニュース)
経済協定受け入れの外国人、3人初の看護師合格(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。